このページの先頭です

その癒し、5つ星級。人生を変える会員制リゾート

米5ドル札紙幣の肖像画 エイブラハム・リンカーンのご紹介

米5ドル札紙幣の肖像画 エイブラハム・リンカーンのご紹介

世界の経済大国アメリカへお仕事、バカンス、またはリゾート旅行などを楽しむ予定の方へ。

アメリカ紙幣でもっともよく使う、5ドル札の肖像画人物、エイブラハム・リンカーンをご存知でしょうか? また、歴代アメリカ合衆国大統領のランキングではもっとも偉大な大統領に挙げられる人気の大統領であることもご存知でしょうか?

本記事は、世界を旅する5つ星Magazineの読者さまに、偉大なる「奴隷解放の父」、エイブラハム・リンカーン氏を知る上での基本と、掘り下げた情報をご紹介いたします。

エイブラハム・リンカーンの生い立ち

  • 生誕:1809年2月12日
  • 死没:1865年4月15日(56歳)
  • 出生地:アメリカ合衆国ケンタッキー州

1809年~

エイブラハム・リンカーンは、1809年2月12日に、アメリカ合衆国ケンタッキー州に生まれます。両親は、奴隷として開拓農民であったと云われており、奴隷制度を嫌った家族は、幼少のエイブラハム・リンカーンと奴隷制度の無いインディアナ州へと移住します。奴隷の父親が土地の確保に苦戦していた姿をみて育ったためか、計量術等の土地の学術を勤勉に学び、そののちに弁護士にまでなっています。やがてイリノイ州のニューセイラムに一人で移住し、哲学や思想の基盤を築いていきました。

1832年

23歳の頃のエイブラハム・リンカーンは、イリノイ州とインディアン連合でおきたブラック・ホーク戦争に、イリノイ州民兵隊の大尉として参加していました。この頃、卓越した事業展開のセンスを持っていたため、政治の世界へ入ることをも勧められ、同年、イリノイ州議会議員候補になることを宣言しました。

しかし、1度目の選挙では、残念ながら13人中8位で落選しており、当選となったのは2年後の1834年になります。また、その2年後の1836年に法廷弁護士ともなり、スプリングフィールドへ転居しています。

1860年

1860年11月6日に、他3名の候補者との選挙に勝ち、共和党からとして初めての第16代アメリカ合衆国大統領になります。アメリカ合衆国の北部と西部の州での獲得票が多く、全ての州を制覇していなかったものの、リンカーンが多数の人気獲得結果になっていました。

 

第16代アメリカ合衆国大統領へ

エイブラハム・リンカーンは、「奴隷解放宣言」による黒人(混血のものも含む)の奴隷を解放したことで現代まで賞賛され続けています。

移民入植者を受け入れ、アメリカ国家の団結を図っていくエイブラハム・リンカーンの思想は、「奴隷解放の父」と称賛され、5ドル札の肖像画人物になるほどです。

しかしエイブラハム・リンカーンは、国家の団結を図っていく最中で暗殺されるという結末を迎えてしまいます。暗殺での死が、なおさら奴隷制度の廃止と、国家の一致団結の民意を高めることになったとも云われております。

生前のエイブラハムリンカーンは、奴隷制を終わらせるには憲法で制限されている課題の多くを理解しており、実現に時間を有することも理解していました。

個々の州にと対峙することになり、大統領期間においては、「決してアメリカ合衆国の新しい領土に奴隷制を拡大しないようにする」と述べており、それはやがて最終的に奴隷制が終わると考えていたようです。

大統領に就任しすぐ戦争が起こりました。その中でも奴隷制を禁じる代わりに補償付き解放を各州に認めるよう説得し、経済的に奴隷制を消し去るものと考えていました。やがて1862年6月19日、連邦議会は合衆国すべての領土で奴隷制を禁じる法を成立させるまでに至っています。

反乱者を助けたことで有罪とされた者を奴隷から解放させること。そしてその司法手続きを定めた第二次没収法を成立させ、リンカーンは閣僚達と奴隷解放宣言の初稿について議論しました。

エイブラハム・リンカーンの奴隷制度を廃止するための論争のメッセージの数多くが残されていることでも有名です。

「適切で必要な軍事的手段として、1863年1月1日に、アメリカ連合国各州の奴隷はその日以降永久に解放される」と述べています。

全体あるいは部分的な奴隷解放を、あらゆる手段を使い、北軍の支配下にはなかった10州の奴隷を解放し、最終的に南部の300万人を超える奴隷も解放されています。

「私はこの生涯の中で、この書面に署名するときほど正しいことをしているという確たる気持ちを持ったことはなかった。」と発言しています。

このように、「自由の国アメリカ」になる以前。奴隷制度の権力構造を信じていた時代に、奴隷制度の廃止がアメリカの繁栄と考え、積極的に取り組んでいた大統領です。奴隷のためにコロニーを作る計画まで以前から立ててもいました。

エイブムラハム・リンカーンといえば、奴隷解放のイメージを持つアメリカ人が多い。そのような大統領であったと言えます。

 

オススメする動画と名言

エイブラハム・リンカーンは、アメリカ合衆国の繁栄の基礎ともなった奴隷解放に尽くし「奴隷解放の父」と云われています。

その功績は150年経過した現在も、多くの人々の思い致すところであり、移民入植者を受け入れ、国家の団結を図っていくさまは多くの動画として語り継がれています。

混迷していた時代を生き抜いた「リンカーン」という映画をスティーブン・スピルバーグが製作しております。

その映画製作の中でのインタビューでスティーブン・スピルバーグは「歴史上もっとも愛された大統領」「真の自由を求めた大統領」と称賛しています。

5ドル札紙幣の肖像画となったエイブラハム・リンカーン。

5ドル札は、日常的にもっともよく使う紙幣の額かもしれませんね。日本でいうところの1000円札の野口英世のようなものでしょうか。

野口英世といえば、病と医療のテーマで学校教育にも登場してくるほどですが、それほどに、エイブラハム・リンカーンが生きた時代、1800年代というのは、アメリカという国において自由を求める士気が高まり、「奴隷解放か?奴隷制度維持か?」という、闘争が激しかった時代だったようです。

ぜひ、「リンカーン」というスティーブン・スピルバーグ監督の映画を観て、当時の時代背景を感じて欲しいと願います。

それは引いては、現代のアメリカを知る上でなくてはならないような思想「自由の国アメリカ」の基本的な思想を理解するものですからね。

 

最後に

エイブラハム・リンカーンの行った商業建設への貢献や、地域インフラ整備は、大統領もビジネスに大きく関わるというスタンスであったことが伝えられています。

最終的な奴隷制度廃止や、州の統一を重んじるエイブラハム・リンカーンの肖像画である5ドル札を見ると、何か、貧困を極め、経済難に陥った地域などのために、少額5ドルですが、エイブラハム・リンカーンの5ドル札で助けてあげたい気持ちになるのは筆者だけでしょうか?

以上、
「米5ドル札紙幣の肖像画 エイブラハム・リンカーンのご紹介」でした。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

あわせて読みたい
あわせて読みたい

5sters INTREVIEW 角界のプロの魅力に迫ります

その癒し、5つ星級 人生を変える会員制リゾートに注目。

究極の隠れ家 特別な人が選ぶ会員制リゾート

最新記事

アクセスランキング
アクセスランキング