このページの先頭です

石垣島の高級リゾート。おすすめ穴場スポットで過ごす贅沢バカンス。

石垣島の高級リゾート。おすすめ穴場スポットで過ごす贅沢バカンス。

日本で楽しめる南国リゾートとして大人気の沖縄・石垣島。ゆったり島時間が流れる石垣島を旅するなら、思いっきりのんびり羽を伸ばせるホテルステイがメインのプランはいかがでしょうか?

今回ご紹介するのは、石垣島でも穴場ポイントが満載の高級リゾート「とき ホリデー&ヴィラステイ コーラルテラス石垣島」。新石垣空港から車で約15分。ビーチにレストラン、カフェやバーなどを擁する高級リゾートなら、小さなお子さんと一緒のご家族や、カップルや友人同士、おひとりさまも、非日常の贅沢な時間を満喫できますよ。

ただただ高級リゾートでのんびり。これこそが石垣島の醍醐味!

沖縄の離島の中でも代表的な存在、石垣島。車で4時間もあれば一周できる小さな南国の島です。都会的なイメージのある沖縄本島より、より南国リゾートのイメージが強く、のんびりとした島時間が流れます。そんな島時間をさらに堪能するおすすめの過ごし方は、ただただホテルでくつろぐこと。

“ほぼプライベートビーチ”な海のすぐそば、プールやレストラン、カフェやバーも併設する高級リゾート「とき ホリデー&ヴィラステイ コーラルテラス石垣島」にステイして、自分だけの島時間を堪能しませんか。

 

新石垣空港から車で15分。雨でも晴れでも楽しめる石垣島リゾートへ!

5つ星マガジン編集部が石垣島を訪れたのは、ちょうど台風の季節、9月。

とき ホリデー&ヴィラステイ コーラルテラス石垣島」を訪れたその日も台風直撃の予報が出され、飛行機が欠航になるのでは?という状況。そんな中、編集部が乗る飛行機だけがほぼ定刻通りに着陸するという奇跡が!(実際にほとんどの飛行機が欠航になっていました)

今回は、台風の石垣島への旅の様子をレポート。雨の石垣島を楽しむには?とお悩みの方にはもちろん、雨だからこそ知ることができた石垣島の大人の楽しみ方や石垣島穴場ポイントをご案内します。

9月の石垣島、気温は?服装は?混雑する?

まずは、編集部も訪れた9月の石垣島の情報から。

9月ともなれば、暑さもひと段落していくイメージですが、石垣島はまだまだ夏!最高気温は30度を超え、真夏と同じ服装がおすすめ。日焼け対策の長袖や帽子も必須です。

7〜8月のトップシーズンに比べ、混雑度合いは少し落ち着きますが、シルバーウィークなどはやはり混みます。また、台風の襲来に巡り合う可能性も高いので、館内施設の充実した宿泊施設を選んでおくのもポイントです。

実際、5つ星編集部も見事に台風に遭遇。それでも、「コーラルテラス石垣島」に滞在したおかげで、贅沢な島時間を満喫しました。

それでは、5つ星マガジンがおすすめする石垣島のリゾートステイプランをレポート。石垣島の旅の参考にしてくださいね!

 

台風でも楽しめる、石垣島穴場ポイント「コーラルテラス石垣島」へ!

コーラルテラス石垣島」は、新石垣空港から車で約15分の会員制リゾートホテル。宿泊できるのはメンバーだけとあって、観光地的な喧騒からはかけ離れた静かでのんびりとした雰囲気が魅力。(メンバーになる方法は下部へ)

広大な敷地には8棟のヴィラが点在し、「ホテル」というより「別荘」のような雰囲気。限られたお客様だけに開かれた、石垣島の中でもまさに穴場中の穴場と言える宿泊施設です。

写真は台風の翌日の「コーラルテラス石垣島」。きれいな青空が姿を現しました。

台風直撃の1日目、新石垣空港に到着後、空港でレンタカーを借りて「コーラルテラス石垣島」へ向かいました。事前に到着便等の予定を伝えておけば送迎もしてもらえます。また、「コーラルテラス石垣島」の中でレンタカーを借りることも可能。わざわざ自分でレンタカーを借りに行かなくて良いのでとても便利です。しかも、レンタカーのラインナップには、ポルシェや三輪のトライクなども!

【石垣島穴場ポイント1】フラミンゴが迎えてくれる異国の高級リゾート

「コーラルテラス石垣島」の入り口は、隠れ家感が満載の小道から。小さな道をしばらく走ると、南国のリゾート空間がひらけます。まず迎えてくれるのが、なんと2羽のフラミンゴ。瞬時に非日常の世界へトリップできる演出。こんなに近くで綺麗なピンクの羽を見られるなんて、子供たちも大喜びではないでしょうか。

フラミンゴの「ハナちゃん」と「ウミくん」。天気の良い日の“勝負写真”をお借りしました。

到着して案内されたのは、バーやレストランのあるレストラン棟。主にインドネシアのバリ島からセレクトした家具や調度品をしつらえたというインテリアは、エキゾチックな雰囲気を醸し、石垣島とバリ島の2つの南国リゾートが融合した、ここにしかない不思議な魅力がただよっています。

静かで開放感のある雰囲気が魅力のレストラン棟。お食事などはこちらでいただきます。

【石垣島穴場ポイント2】子連れにも嬉しい“穴場カフェ”

到着後まず出していただいたのが、南国ムード満点のウェルカムドリンク。外の天気を忘れるほど静かな空間で、旅の疲れを癒す素敵な南国リゾートの時間が流れます。

同時に宿泊できるのが8組だけとあって、他の宿泊客と出会う確率も少なく、自分たちだけのカフェタイムを楽しめます。行列や喧騒とは無縁の、まさに“穴場カフェ”と言えるかもしれませんね。

バタフライピーとパッションフルーツのウェルカムドリンク。

特に「子連れ」の旅行にはぴったりではないでしょうか。小さなお子さんやお孫さんが元気いっぱいに遊んでも、周囲に気を遣って「静かに!」と怒らなくて良いのはとても気楽。ママもパパも子供ものびのびと過ごせる石垣島の穴場カフェです。

バースペースでは、アルコールメニューもスタンバイ。

【石垣島穴場ポイント3】石垣島に別荘を持つ? 子連れ旅行にもおすすめ

ゆったりとしたカフェタイムを過ごした後は、お部屋へ移動。お部屋は8棟すべてが独立してたつヴィラタイプ。天井が高く、開放感も抜群です。すべてのヴィラにプライベートプールがついて、いつでも泳げるのも嬉しいです。(この日は台風のため眺めるだけでしたが、それでもムードが盛り上がりました)

最高に天気の良い日の写真をお借りしました。

“日頃の管理や手入れが不要な別荘”といった感覚は、メンバー制ということもあって「石垣島に別荘を持つ」と言っても過言ではありません。そういった点でも、穴場リゾートと言えるかもしれません。そして、一軒家のような「別荘」だからこそ、やはり子連れのご家族には安心。隣の部屋や階下の部屋への配慮が不要で、室内も庭も広いので、走り回ることもできます。

お部屋にはキッチンも完備。冷蔵庫を開けると、沖縄と言えば!のオリオンビールとおつまみの盛り合わせが。夕食までは広いお部屋でゆっくりと過ごします。雨のしっとりとした石垣島の雰囲気もまた素敵。もちろん青空の日の、窓からの景色は最高です。

【石垣島穴場ポイント4】車椅子での旅行も安心

子連れに安心の「コーラルテラス石垣島」は、高齢者や障害を持つ人に優しいリゾートでもあります。ヴィラはすべてバリアフリー。玄関から部屋へはもちろん、ベッドルームからバスルーム、庭までも車椅子でスイスイ行けるフラットな作りになっています。

電動の車いすや、車いすの方でも石垣島の美しい海を楽しめるビーチ用の車いすなどもレンタルすることができます。車椅子だから…と遠方への旅行をあきらめている方や、その家族にとっても安心できる点もまた、穴場ポイントと言えます。

明るい雰囲気のお部屋でのんびり。

左が電動車いす、右がビーチ専用の車いす。

【石垣島穴場ポイント5】知るひとぞ知る? プライベート感満載のビーチ

「コーラルテラス石垣島」のレストラン棟から続く小道を行けば、ほんの12分でコバルトブルーの美しいビーチに出ることができます。石垣島でも人気の「米原ビーチ」から続く形のビーチですが、ここまでやってくる人は少なく、プライベートビーチのように楽しむことができる石垣島の穴場ビーチです。

ビーチで遊んだあと、「コーラルテラス石垣島」に戻るとタオルも用意されていますし、お部屋でシャワーもすぐに浴びられるので、フラッとビーチに出ることができるのも嬉しいポイントです。

ジャングルのような小道を抜けると・・・

ビーチが見えてきました!

台風の翌日とあって荒れ気味でしたが、十分きれいでした!

 

石垣島のおすすめグルメ、館内にあります!

さて、お部屋でのんびりした後は、レストラン棟にてディナーをいただきます。「コーラルテラス石垣島」は、連泊で利用される方が多いということで、日によって外食を楽しまれたり、お部屋のキッチンで料理を作られたり、そして「コーラルテラス石垣島」のシェフ特製の食事を楽しんだり、さまざまなスタイルで石垣島のグルメを楽しんでいるそうです。

今回は「コーラルテラス石垣島」でのディナーをご紹介します。台風や雨の時は、移動しなくて良いので施設内で美味しい食事をいただけるのは嬉しいですね。

【石垣島おすすめグルメ1】食前酒は泡盛のカクテルから

まずは食前酒から。本館内のバーで、スタッフの方が目の前でシェイクしてくれます。石垣島の酒造会社、八重泉酒造の「琉球泡盛 黒真珠」を使ったカクテルは、石垣島にある御神崎という岬から見える夕陽をイメージしたというビビッドなオレンジ色がきれいです。

バースタイルで食前酒をいただきます。

夕陽をイメージしたきれいなオレンジ色。

【石垣島おすすめグルメ2】石垣島の特産をメインに、日本の美食をどうぞ

「とき ホリデー&ヴィラステイ」には石垣島のほかに、函館、箱根、由布院の、全国4カ所にリゾートが展開されています。メンバーであれば、すべてのリゾートを利用できるのがポイント。そして、この石垣島では、各地の素材を使った創作フレンチを楽しむことができることが、大きな特徴です。

それでは、石垣島で“プチ日本横断”ディナーの一部をご紹介します。

まずは、大分県産のミニトマトのコンポート。生ハムとカマンベールを添えて。ミニトマトの甘さに驚かされます。

石垣島産シャコと北海道産ホタテとホッキ貝のマリネ。まさに北と南の食材がお皿の中でマリアージュ。貝の濃厚な味わいが絶品です。見た目も華やかです。

ポワソンは、ビタローのポワレとラングスティーヌのソテー。ビタローとは沖縄の方言で、フエダイのこと。あっさりとした白身が濃厚なトマトクリームソースとよく合います。

沖縄県産パインのソルベ。

そして、石垣牛フィレ肉のロースト。温暖な気候で愛情かけて育てられた石垣牛は、さっぱりとしながらも甘味のある味わい。2000年の沖縄サミットの晩餐会でメインディッシュになったこともあり、全国的な人気のあるブランド牛です。

デザートはティラミスとマンゴーのレアチーズケーキ。シェフ特製のマンゴーのチーズケーキは、ここ「コーラルテラス石垣島」でしか味わえない一品です。

近藤シェフ

そして、この美味しいディナーを供してくれたのが近藤シェフ。見た目の美しさも味の美味しさもリゾートにふさわしいものにこだわり、沖縄・石垣島の食材だけではなく、全国の食材研究にも余念がありません。何より、柔和な笑顔が素敵で、シェフの空気感がそのままお食事の美味しさにあらわれているような、優しいディナーでした。

【石垣島おすすめグルメ3】石垣島で朝食が美味しいホテルと言えば・・・

「コーラルテラス石垣島」のディナーの美味しさは見ての通りでしたが、朝食も絶品。石垣島で朝食が美味しいホテルと言えば?と聞かれれば、迷わず「コーラルテラス石垣島」をおすすめします。とろとろのオムライスに新鮮なシャキシャキ野菜、程よい塩加減のベーコンやハム、フレッシュなマンゴージュースなど、朝の体に嬉しいメニュー。和食も選べるので、滞在中の気分に合わせて、朝食もぜひ楽しんでください。天気が良ければ、朝食後はふらりとビーチを散歩しても気持ち良いですよ。

地元、石垣島のグルメ情報は支配人にリサーチ

もちろん、「コーラルテラス石垣島」での食事以外にも、石垣島にはさまざまな美味しいお店が揃っています。どこに行こうか迷ったら、ぜひ「コーラルテラス石垣島」の中南支配人に相談してみてください。気軽に楽しめる沖縄料理のお店や、大人気の石垣牛のお店など、地元のおすすめグルメ情報を教えてくれますよ。

中南支配人

「あまりガイドブックに載っていないビーチ」などの、ここだけの耳より情報も。いろいろな観光情報や石垣島の魅力を気さくに丁寧に教えてくれます。

 

「コーラルテラス石垣島」に泊まる方法。メンバーになるには?

さて、ここまでご紹介してきた「コーラルテラス石垣島」。カフェもビーチも、食事も、お部屋もプールも、フラミンゴも・・・。すべてが施設内に揃っているので、雨の日でも施設内だけで存分にリゾートを満喫することができますね。まさに贅沢なリゾートステイにぴったり。もちろん天気の良い日は、青空の下でのんびり贅沢な時間を過ごすことができます。

“メンバー制”という点が、人とは違うリゾートを楽しむことができ、最大の石垣島穴場ポイントと言えるかもしれません。

では、宿泊するためには? メンバーになるためにはどうすればいいのでしょうか?

「コーラルテラス石垣島」のHPから問い合わせる

まずは、「コーラルテラス石垣島」のホームページを確認してみてください。函館、箱根、由布院の施設も紹介されているので、写真を見ているだけでリゾート気分を盛り上げてくれます。

メンバーになると、これらの全国の施設も利用できるのが利点。たとえば「コーラルテラス石垣島」を利用するはずが、台風等のために飛行機が欠航になった時、同じ日程で他の施設へ振り替えもできるそう。(実際に5つ星マガジン編集部が訪れた少し前のお客様がそうされたそうです。)

ホームページに「資料請求/お問い合わせ」ボタンがあるので、そちらから電話やメールで興味のある旨をお伝えください。施設の見学等も相談できますし、もちろん面倒な勧誘などはないので安心して問い合わせることができます。

企業の福利厚生として。税金対策の専門スタッフもスタンバイ

個人会員はもちろんですが、今、メンバーに増えているのが、企業の福利厚生での利用だそうです。確かに、自分の会社の福利厚生でこんな素敵なリゾート施設が利用できたら、とても嬉しいですよね。ぜひ、企業の福利厚生のご担当の方に検討していただきたいです。

「とき ホリデー&ヴィラステイ」では、そういった企業での利用について、税金に関することなど専門的に相談できるプロもスタンバイしているので、こちらもまずは気軽に問い合わせをしてみてください。

いかがでしたでしょうか。今回5つ星マガジン編集部は、台風に遭遇してしまった旅となってしまいましたが、「コーラルテラス石垣島」では存分に南国リゾートを満喫することができました。

以上、「石垣島で最高のバカンスを。こだわり派の大人に贈る、石垣島のおすすめ穴場リゾート。」をおおくりいたしました。お読みいただき、ありがとうございました。

とき ホリデー&ヴィラステイ コーラルテラス石垣島

コーラルテラス 石垣島

 

あわせて読みたい
あわせて読みたい