このページの先頭です

【できる男の5つ星おしゃれ術 第2回】モテル男は知っている。秋冬につくりたい、こだわりのオーダーメイドスーツ生地

【できる男の5つ星おしゃれ術 第2回】モテル男は知っている。秋冬につくりたい、こだわりのオーダーメイドスーツ生地

オーダーメイドスーツの「ゑみや洋服店」三代目店主 江見真也さんによると、いまオーダースーツのブームは、英国クラシックに向いているという。では、どんな生地がおすすめなのか、この秋冬におさえておきたい英国生地を教えてもらった。

江見真也(えみ・しんや)

江見真也(えみ・しんや)

ゑみや洋服店 三代目店主

「正しく、楽しく、かっこよく」をモットーに、オーダーメイドスーツやシャツなどの洋服を販売する。「あなたのモテるを創るスタイリスト」として、ビジネスファッションの着こなし方を、インターネットラジオや自社HPYouTubeにて、発信している。

世界の王侯貴族やVIPが愛用する生地メーカー「ハリソンズ・オブ・エジンバラ」

イギリスのロンドンには、高級紳士服の仕立て屋がずらりと並ぶ、サヴィル・ロウ(Savile Row)という通りがあります。その多くのテーラーで最も取り扱われている生地ブランドのひとつが、Harrisons of Edinburgh(ハリソンズ・オブ・エジンバラ)。赤いバンチ(服地のサンプル帳)がトレードマークです。

1863年に、のちのエジンバラ市長によって創設された老舗ブランドで、英国王室やハリウッドスターなども愛用し、世界中の名門テーラーや有名ブランドメーカーでは必ずと言っていいほど扱われています。高品質なのはもちろんのこと、服地が多いことも愛されている理由のひとつです。

その豊富なコレクションのなかから、特におすすめの3点をご紹介します。

【1つめ】できる男を演出してくれるFINE CLASSICS(ファインクラシックス)

「ファインクラシックス」は、ビジネススーツとして最適な生地です。ウール密度が高いので、厚みがあり仕立て映えの素晴らしいものができます。型崩れしにくく、冬ものスーツにぴったり。つや感はおさえ気味なので、奇をてらうことなく、誠実な印象を与えます。

なかでも、ネイビーの「バーズアイ」という生地は、究極のビジネススーツになるでしょう。丈夫でしわがつきにくく実用的でありながら、上品でマットな雰囲気を醸し出し、オールマイティに使えます。お持ちのスーツに1着加えていただきたい生地です。

↑ FINE CLASSICS「バーズアイ」は究極のビジネススーツに

【2つめ】男に色気をプラスしてくれるCRU CRASSE(クリュクラッセ)

「クリュクラッセ」はカシミヤが少し入っているので、しなやかな感触と光沢感が特徴。仕立て上がりは、柔らかな着心地が快適で、気品ある佇まいをもたらしてくれます。

今冬はモノトーン、特にグレーが流行しますので、「ヘリンボーン」や「シャークスキン」のグレーを選ぶといいでしょう。

↑上3枚が「ヘリンボーン」、下2枚が「シャークスキン」

【3つめ】ハリソンズの代表格 FRONTIER(フロンティア)

「フロンティア」は、もっともイギリスらしさを味わえる、代表的な生地。イギリスでは春物として使われますが、日本では夏以外のスリーシーズン楽しむことができます。風通しがよいので蒸れにくく、暖房のきいた室内でも快適に過ごせます。

光沢感のないクラシックなタイプなので、一日を通して活動的な方、営業職などの方に使いやすい素材です。

「チョークストライプ」や「グレンチェック」を選ぶと大人のおしゃれ度がさらにアップします。

↑ もっともイギリスらしい生地「グレンチェック」

170年を越えて手織りで伝統を守るHarris Tweed(ハリスツイード)

冬の英国生地といえば、ツイードを忘れていけません。太くて短い羊毛を使った毛織物で、表面のごわごわした風合いが特徴です。暖かくて防寒性に優れた秋冬素材。ジャケットやコートとして人気があります。

日本でも流行のハリスツイードの由来は?

なかでも、ここ最近日本で流行している「ハリスツイード」は、イギリスの有名ツイードブランドのひとつ。スコットランドの西側にあるハリス島の農民が、農家の閑散期をしのぐために、島内の羊毛から糸を紡ぎ、漁師の作業着として作ったことがはじまりとされています。親子三代にわたって着ることができるほど、丈夫だったそうです。いまでも島の職人が、決まった地域の子羊の新毛だけを使って、染色、紡績、手織りをおこなう家内制手工業です。その技術と文化を守るため、ハリスツイード協会の厳しい基準に合格したもののみ、「ハリスツイード」と認められ、マークの使用が許されます。

化学染料が出てきてからは、オレンジなどのカラフルな色や斬新なデザインも登場していますが、昔は草木染だったそうです。その丈夫さと絶妙な色合いの美しい生地として知られています。

ハリスツイードでつくるジャケットはとても暖かいので、コートは不要なほど。相手に重厚感と特別な印象を与えます。ベストにして無地のジャケットとあわせると、人と違ったおしゃれを楽しむこともできるでしょう。

 

 <ゑみや洋服店>

電話 0120-86-2917

住所 兵庫県神戸市灘区水道筋4-1-18

公式HP http://www.emiya.co.jp/

営業 10:0019:00

定休 水曜定休

駐車場 

あわせて読みたい
あわせて読みたい