このページの先頭です

その癒し、5つ星級。人生を変える会員制リゾート

世界のセレブリティが支持。鍼灸師・治療家の大口貴弘さんインタビュー

世界のセレブリティが支持。鍼灸師・治療家の大口貴弘さんインタビュー

今回の「5つ星インタビュー」は、鍼灸師・治療家として活躍する大口貴弘さん。“病院に行っても治らなかった体の不調を治すゴッドハンドの持ち主”として、日本のみならず、世界中のセレブリティから支持を受けます。そのルーツと理由を探ります。

大口貴弘 プロフィール

1990年東京出身。帝京平成大学鍼灸学科卒業。ハワイ大学医学部人体解剖実習修了。10歳の頃から整形外科医の義兄の下で鍼灸整体術を学び、高校入学と共に実兄のもとでトリガーポイント、経路治療をベースにした鍼灸+カイロの技術を身につける。海外での出張施術も積極的に行っており、フランス、シンガポール、ベトナム、タイ、インドネシア、台湾、中国、韓国、グアム、ハワイなど世界各地を毎月訪問。各国の大富豪、王族などの治療にあたっている。

【治療のご相談・予約などの問い合わせ】
一般社団法人 大口式ボディテック整体協会
TEL.03-6273-0210
https://oguchi-bodytech.jp/

5歳の頃から、治療家として英才教育。

――まずは、大口さんが鍼灸師・治療家になられたきっかけを教えてください。 

大口 父方の祖父の時代から床屋をやっていて、父は理容師、母は理容師と美容師、あん摩マッサージの資格も持っていて、小さい頃から身近に治療の現場がありました。4人きょうだいの、けっこう歳の離れた末っ子なんですが、鍼灸の資格を持っているきょうだいが多いんですよ。特に一番上の姉が鍼灸師で、その旦那さんがお医者さんなんです。中国人の方で、中国と日本の医師免許を持っていて、とても針がうまくて、ドクターなので体のこともよくわかっている。その義理の兄からはいろいろ教わりました。

――そういう環境で、自然に治療家を志していたのでしょうか?

大口 そうですね。5歳くらいの時、きょうだいの真似をして骨の矯正技をやったら出来て、皆びっくりしたそうです。そこからきょうだいたちが盛り上がって(笑)。いろいろ教えてくれて、10歳くらいの時には母親の治療現場にもよく行っていました。小さい頃からサッカーをしていたので、よく怪我をするんですが、それも自分で治せちゃう。周りの同級生も僕が治すのが普通みたいな感覚で、高校生の時は、自分が所属していたサッカーチームのトレーニングや治療も担当していました。創設したばかりのチームだったんですが、東京都の準優勝まで勝ち上がったんですよ。そんな中で、大学進学時にもそういった治療の資格をとれるところにしようと。本当に自然な流れでした。

――大学では、どんなことを学ばれましたか?

大口 帝京平成大学という大学で専門的な鍼灸を学びました。それと、人の体のことをとことん知りたくて、解剖の経験も積みました。日本では医師免許がないと解剖はできないので、免許がない人でも解剖実習ができるハワイ大学で。ハワイ大学には年に56回は行っていたんですが、いつも一泊三日で帰るようなスケジュール。何度もホノルルに行っているのに、一度も海に入ったことないです。

――その時に、現在多くの支持を集める「大口式美整体」が生まれたのでしょうか?

大口 そうですね。針をどこまで入れて良いのかなど、実際の体を見させていただかないとわからないことをたくさん勉強することができました。それまで業界的にあまり注目されていなかった「筋膜」というポイントを狙っての施術を開発できたのも、ハワイ大学での学びがあったからです。筋膜を操作することと針を組み合わせた施術で、痛くなく、短時間で結果を出す。特に小顔矯正では、驚くほど結果が出るということで、当時から評判だったんですよ。

――小顔矯正は、最近では女優の菜々緒さんがインスタグラムに投稿されていましたね。

大口 はい。本当に痛さを感じずに、結果がすぐわかるので、女優さんやモデルさんで通ってくださる方も多いです。最近では、「一般社団法人大口式ボディテック整体協会」を立ち上げて、この小顔矯正を中心とした「大口式美整体」の施術のノウハウをプロの方に指導するセミナーも開催しています。

古いマンションの1室から出張治療がスタート。 

――大学卒業後はすぐにご自身で開業されたんですよね。 

大口 はい。最初は池袋のボロボロのマンションの一室からはじまりました。その時は出張治療をメインでさせていただいていました。そこから徐々に出張先が海外になったりもして。拠点も池袋から代官山へ移転し、現在は表参道でサロンを開いています。

――女優さんやモデルさんのほかにも、著名な経営者や日本代表を務めるスポーツ選手など、多くのエグゼクティブやセレブリティに支持されていますが、そのきっかけは?

大口 池袋の頃から、患者様は、患者様同士のご紹介で増えていきました。その中には第一線で活躍される俳優の方がいらっしゃって、代官山への移転をきっかけにたくさんご紹介いただいて。今では海外の患者様から日本の患者様をご紹介いただくということもあるんですよ。

――海外のお客様もかなりの富裕層の方だそうですね。 

大口 空港に着いたら、大きな車何台もで迎えにきてくれていたり、空港では貴賓室に通していただいたり。なかなか貴重な体験をさせていただいています。 

――国を超えて支持される理由は何でしょうか?

大口 一度施術をお受けいただいたら「なんだこれは!」と驚かれることが多いですね。今まで受けたことのないような体験だと。たとえば、腰が痛くて病院に行ったけど良くならなくて・・という方がよくいらっしゃいます。それで一度うちの施術を受けられたらその効果にびっくりされて帰ります。しかも施術が痛くなく、素早く治ると。いろんな病院の理事長やドクターの方も治療を受けに通ってくださってるんですよ。

問い合わせは数千件!大口先生の治療を受けるには。

――大口先生の施術はなかなか予約がとれないそうですね。施術料金は30分10万円だと伺いました。

大口 国内ですと、今はそういう設定にさせていただいています。少し前にTV番組の「アナザースカイ」に出させていただいたんですが、その時は問い合わせを何千件もいただいてしまって。ありがたいことに、たくさんの方に予約待ちをしていただいています。

――大口先生の施術を受けるためにはどうしたらいいですか?

大口 僕自身の施術の予約はすぐには難しいのですが、「大口式美整体」を体感したいとおっしゃっていただける方には、僕と一緒にやっている池野先生の施術を受けていただくことになります。池野先生は協会でメイン講師も担当してもらっていて、僕の“一番弟子”でもあります。

――大口先生と池野先生の出会いは?

池野 大口先生とは、出身大学が同じで、共通の恩師から紹介をいただきました。それから大口先生の治療やセミナーをお手伝いしながら学んできました。たまたま大口先生の代打で海外での治療を引き受けてからは、海外の施術もたくさん行かせていただいています。

――大口先生にとっては、信頼のできるパートナーなんですね。

大口 はい、今はコロナがあるのでなかなか行けませんが、本当だったら池野先生は今ごろ海外を飛び回っていたはずです。

池野 シンガポールやタイなど、月に45カ国は行っていましたね。

――そんなに海外に行っていて、ご自身の体は大丈夫なんでしょうか?

大口 だいたい悪いです(笑)。でも、だからこそ患者様の辛い気持ちがわかりますし、治してあげたい!という気持ちになっています。

大口式美整体で世界は変わる!

――治療家としての大口先生の一番のやりがいは?

大口 どこに行っても治らなかった人が、僕たちのところに来て、劇的に良くなってすごく喜んでいただけているのを見ると、本当に嬉しいです。美容もそうですし、腰痛などの体の不調も。私たちの治療を受けて喜ばない人はゼロだとは自信を持って言い切れます。それだけひたすら技術を磨いてきました。もちろん今も進化を続けています。

――今後の目標や夢はありますか?

大口 世界征服!でしょうか(笑)。冗談のように聞こえますが、全世界で僕たちの施術を受けられるようになれば良いな、と思います。海外からも技術に関しての問い合わせをたくさんいただきますし、自分たちのものだけでとどめるのでなく、良いものはどんどん広がって、皆が健康になれればいいですね。

池野 私はよく東南アジアに行く機会が多いのですが、貧富の差をすごく感じます。そんな中で出会った低所得者の若者たちはすごくガッツがあるんですよね。そんな彼らに私たちの技術をしっかり伝えて活躍してもらえれば、それぞれの地域の底上げにもなりますし健康にもなって、皆ハッピーになれるんじゃないでしょうか。そういった意味でも「世界征服」ですね。

大口 「大口式美整体」が世界の貧困問題を解決する一助になる日がきっときます。これからも自分自身の技術を磨くことはもちろん、協会としてもどんどんパワーアップしていきます。

――大口先生、池野先生、貴重なお話をありがとうございました。

 

あわせて読みたい
あわせて読みたい

5sters INTREVIEW 角界のプロの魅力に迫ります

その癒し、5つ星級 人生を変える会員制リゾートに注目。

究極の隠れ家 特別な人が選ぶ会員制リゾート

最新記事

アクセスランキング
アクセスランキング