このページの先頭です

その癒し、5つ星級。人生を変える会員制リゾート

ガルーダインドネシア航空のファーストクラスで行く高級リゾート・バリ

ガルーダインドネシア航空のファーストクラスで行く高級リゾート・バリ

インドネシア・バリ島は、深い森林と豊かな水田、サンゴ礁の海に囲まれた美しい島です。成田から直行便で7時間半ほど、時差は1時間と、日本から行きやすいリゾートのひとつです。世界各地へ旅のコーディネートを手掛ける内藤知子さんにご登場いただきます。

(株)Aiプランニング 代表 内藤知子

(株)Aiプランニング 代表 内藤知子

「人と人、人と土地の架け橋」になるべく、その人にとっての「初めての体験」となる旅をコーディネート。国内外を問わず、心身ともに豊かになれるリトリート企画が人気。

電話 0798-51-7811

住所  兵庫県西宮市下大市西町1-24 f3

URL  http://www.ai-plann.com

優雅な旅はファーストクラスで

ガルーダインドネシア航空のコンシェルジュサービス

今回の旅は成田空港からガルーダインドネシア航空のファーストクラスを予約しました。

エコノミーなら成田へは出発の2時間前、ファーストクラスなら1時間前に着けばいいのですが、乗り継ぎ便の関係で3時間前に到着。ちょうど開いたばかりのチェックインカウンターで名前を言うと、すぐにコンシェルジュが来てくれました。規定の時間より1時間も前なのに、待機してくれていたことに感謝しつつ、彼女にパスポートを渡して手続きをお願いします。ここからすべての手続きはコンシェルジュがやってくれます。一緒に行く友人はまだ来ていないので、先に手荷物検査とセキュリティチェックに向かうことにしました。彼女が先導してくれて、ファストレーンからすぐに出国手続きです。

手続きを終えてパスポートを受け取り、ゲートを出ると、さきほどのコンシェルジュが待っています。ハイブランドや人気ブランドが並ぶ免税店エリアなので、ここで買い物をしたければ希望の品がある店へ案内もしてもらえますが、今回は欲しいものがなかったので、まっすぐラウンジに向かうことにしました。

 

ラウンジでシャンパンを

成田にはファーストクラスラウンジはないため、ビジネスクラスのラウンジを利用することになります。ビジネスを利用するときにも利用していますが、ファーストクラスの場合は、席がすでに用意されており、コンシェルジュに案内されてドリンクを受け取ります。シャンパンを飲みながらまったりしていると、友人が別のコンシェルジュに案内されてやってきました。本来、コンシェルジュは一組に一人ですが、私たちのように別々にチェックインする場合は、どちらかが放っておかれるようなことはなく、ちゃんと連携して不自由のないようにしてくれるのです。

ラウンジにいると搭乗時間が気になりますが、ファーストクラスの乗客はコンシェルジュが迎えにきてくれるので安心です。そして、ファーストクラスが一番初めに搭乗できます。

普段でも、出国するときの手続きをわずらわしいと感じることはないのですが、ファーストクラスを利用すると、本当にストレスなしにすべてが進みます。

 

ファーストクラスの快適な機内

プライベートタイプの個室でリラックス

ファーストクラスは8席のみ。窓3つ分が1席という、広くて明るい窓側のプライベートスイートタイプの個室です。コートを預けて席に座るとすぐにシャンパンが運ばれてきます。そして、パジャマに着替えるかどうか、ベッドメイキングの時間は何時ごろかもCAが聞きにきてくれます。

ワンピースを脱いでパジャマに着替え、足元もパンプスからスリッパに履き替えるとき、赤いマットの上にスリッパが並べられると、至れり尽くせりを実感するひとときです。ちなみに、パジャマのサイズやディナーの希望メニューは前日にメールで問い合わせがきます。

 

高級シャンパンにオードブルはキャビアで 

飛行機が離陸し安定飛行に入ると、新しいシャンパンとオードブルセットが出されます。キャビア、クリームチーズ、パンケーキ、ひと口で高級だとわかる絶妙な味わいです。ほどなくシェフが席までやってきて、昨日注文したメニューでよいか確認してくれます。気分が変わったら、ここで注文を変えても問題ありません。出来上がり時間を告げて、シェフはキッチンへ。グラスのシャンパンが減るとすぐに注いでくれるので、飲みすぎに注意しなくては。

食事のときはテーブルクロスをかけてカトラリーをセッティングし、レストランでいただくのと変わらないフルコースです。ワインを飲みながらゆっくりと食事を終えると、CAがベッドメイクにきてくれます。座席をフルフラットにしてベッドパットを敷き、羽毛布団と睡眠用の大きいまくらをセッティング。ビジネスクラスでも眠れなくて明かりをつけているときは、「なにか飲まれますか?」と声をかけてもらえたり、常に気配りをされていると感じますが、今回の空飛ぶベッドはとても快適で、すぐに熟睡モードになりました。

 

デンバサール空港では現地のコンシェルジュがお出迎え

インドネシアへの到着はバリ島南部のデンバサール空港。着陸してドアが開くとすぐに外に出られるのがファーストクラスのメリット。ドアの向こうにはコンシェルジュが待っていて、入国検査すべてを日本語でサポートしてくれます。ちょうどコロナが問題になり始めた頃、その申告も質問に答えるだけでコンシェルジュが書類に記入してくれました。税関を通り抜けたら、ラウンジに案内されてそこで待ちます。ほどなくコンシェルジュが預けていたスーツケースを持ってきてくれます。ターンテーブルを流れる荷物を自分で取らなくていいのもとてもラクなのです。そして、私たちがタクシーに乗るまで見届けてくれます。

ちなみに帰国する際のデンバサール空港では、ハンサムな男性コンシェルジュがついてくれました。デンバサール空港にはファーストクラス専用のラウンジがあるので、成田よりさらにラグジュアリーな時間を過ごせます。料理もビュッフェスタイルではなく、メニューから好きなものをオーダーできます。私はグラム数で指定できるステーキを少しとサラダをいただきましたが、日本人の料理人がいると聞いて、天ぷらうどんも注文。欲張ってしまいましたが、これがまたおいしかったのです。

航空会社によってファーストクラスのサービスは大きく違います。例えば空港まで専用車での送迎があったり、機内にシャワールームがあったり。座席のスペースやアメニティも様々です。目的地によって、乗る航空会社によって、そのサービスの違いを楽しむのもいいですね。

 

バリの高級リゾートへ

アヤナリゾート&スパで最高級のおもてなしを

 

今回泊まったのは、バリ島南部・ジンバランにある「アヤナリゾート&スパ」です。空港から車で20分ほど、美しい海とプライベートビーチ、おまけに12種類ものプールがあります。なかでもエントランスからまっすぐ進んだところにあるメインプールは圧巻。海とプールが一体のように見えるインフィニティープールで、プールの端にいると目の前に広がる海と空の間に自分が浮かんでいるかのような感覚になります。

 

広々とした部屋はオーシャンビューで、テラスから見える昼間の美しい海、夜は満天の星空が感動的です。館内にはレストランがたくさんあり、毎食違うレストランを利用しましたが、どれも外れがなくて、食事の面でも大満足です。

 

絶景スポット「ロックバー」

「アヤナリゾート&スパ」の名物ともいえるのが、ビーチを見下ろす大きな岩の上にある「ロックバー」です。14メートル下には白砂のビーチ、眼前に雄大なインド洋が広がる最高の絶景スポット。サンセットの時刻になると、空と海が刻一刻と色を変え、目を見張るほどの美しさです。夜になるとライトアップされて、とても幻想的な雰囲気になります。ドレスアップしていただくディナーに美しい景色、最高の時間をすごすことができます。

 

AYANA Resort and Spa, BALI

Jl. Karang Mas Sejahtera

Jimbaran, Bali 80364, Indonesia

Tel +62 (0361) 702222

あわせて読みたい
あわせて読みたい

5sters INTREVIEW 角界のプロの魅力に迫ります

その癒し、5つ星級 人生を変える会員制リゾートに注目。

究極の隠れ家 特別な人が選ぶ会員制リゾート

最新記事

アクセスランキング
アクセスランキング